real estate

不動産を購入して

日本とは異なるハワイの不動産事情

building

日本の不動産販売方法とは異なるハワイでは、販売される不動産に関する情報は、MLT(Multiple Listing Service)というデータベースにまとめて掲載し管理されています。つまり、どの不動産エージェントの窓口を通して購入しても、価格や条件については同一の内容であり、外国人であっても米国人であっても同じ条件の下で購入できます。ハワイの地で理想の物件を購入する為には、経験が豊富で誠実な不動産エージェントを見つける事が重要になってきます。日本でもレインズ(Real Estate Information Network System )と呼ばれるコンピュータ・ネットワーク・システムがありますが、不動産流通標準情報システムの略語であり、国土交通大臣によって指定された不動産流通機構が運営しており、レインズのメンバー同士が情報交換を行っています。しかし、一部の物件しか管理しておらず、ハワイのMLSと比較すると全く根付いていないと言えます。

エージェントにはグレードがあります

ハワイにおいての物件に関するエージェントとは、不動産のライセンスを保持している不動産業者を意味します。ハワイの不動産取引というのは、売主と買主が直接の交渉を行う事は皆無であり、それぞれのエージェントが交渉に臨みます。日本のあるような住宅や土地を売買する専門業者と異なり、会社が物件を所有する仕組みが無いのです。また、エージェントも会社から従業員として報酬を得るのではなく、ほとんどは取引が成立する度に契約を交わしています。ハワイの土地で営業可能なエージェントは、主に4つのクラスに分類されており、保有するライセンスも違いがあります。ハワイのエージェント専用のHPやビジネスカード(営業用の名刺)には、RA,R,S,Bのうち1つが明記されています。RやBのブローカーライセンスを保持するエージェントは物件の売買に関してベテランと認識されます。RA(リアルターアソシエート)は不動産協会メンバーのエージェントであり、物件のセールスライセンスを保有していますが、S(セールス)は協会に所属しておらず、物件のセールスライセンスの保持者です。Rは協会メンバーのエージェントでありブローカーライセンス保有者です。