real estate

異なる点が多い

ハワイの不動産業界について

nice house

日本人が、ハワイに不動産を購入する際に、どうしても壁になるのが言葉の違いが先にあり、次に習慣や法律が大きく異なる点ではないでしょうか。しかし、ハワイ在住の日系人も多く、実際に移住して仕事を営んでいる日本語も多いですから、新たにやってくる日本人を手厚くサポートしてくれる人も少なくありません。アメリカでビジネスを行いながらも日本を熟知したエージェントを選ぶ事が大切です。アメリカの不動産業のシステムは日本と異なり、毎年講習を受けて、1年毎に免許の更新を行う義務があります。許可されるとハワイ州から改めてライセンスが発行されて、次の年度も営業ができます。日本では不動産取引の透明性を図る為に、REINS(レインズ)と呼ばれる不動産の情報を登録するシステムがありますが、登録せずに取引する業者が多数である事は否めません。一方、ハワイにおいてはMLSという不動産システムが存在し、ほとんどの物件情報が補完されデータベースに取り込まれています。その為、情報のばらつき等もなく公平に物件の交渉に臨めます。

MLSに管理されて、エージェントが交渉を行います。

MLSのシステムが確立されたものである事から、ハワイにおいては、一律化した物件情報が保有している為、不動産会社に重きを置く必要はありません。取引に直接関わる担当者であり、ハワイにおける不動産エージェントとなります。不動産エージェントは売買の交渉でも売り主と買い主の代理として交渉するのです。不動産会社によっては、ハワイのカハラ物件やアラモヤやワイキキの高級なコンドミニアムに特化して担当するエージェントもいます。不動産会社は、単なる箱であり、個人が集まる組織に過ぎず、オフィスで仕事をする人も少なく、自宅や現場で仕事をこなしていきます。アメリカの州のひとつであるハワイでは、信頼の置ける担当者=エージェントに出会う事が良い物件探しには必要不可欠なのです。